最新記事一覧

2017.03.23

CONTENTS

2016年12月からデイリー更新となりました!
〈Webミステリーズ!〉の詳細はこちら






● 最新記事 ●
【3月24日更新】
光が射してくるほうへ

愛川晶『「茶の湯」の密室』、芦辺拓『ダブル・ミステリ』

【3月23日更新】
浅ノ宮遼『片翼の折鶴』、岩木一麻『がん消滅の罠 完全寛解の謎』

【3月22日更新】
布石=基礎工事。土台がしっかりしていれば、その後の戦いが楽になる

【3月21日更新】
孤高・美形・無敵。最強の名探偵、登場!

【3月17日更新】
ノスタルジー漂うゴーストストーリーの名品

ということで今回はM先輩に密着された2月某日を振り返りながら、出版社営業の仕事についてご紹介いたします。

【3月16日更新】
スパイと飛行士、ふたりの少女をめぐる慟哭のミステリ

【3月15日更新】
火星SFの金字塔

J・G・バラードが書き直した『シャイニング』

【3月14日更新】
石井光太『砂漠の影絵』、行成薫『ヒーローの選択』、古谷田奈月『リリース』…

【3月13日更新】
美味しいお料理と事件を召し上がれ――
『ミステリなふたり ア・ラ・カルト』につづく、好評シリーズ続編登場!

松田青子『おばちゃんたちのいるところ』、芦沢央 『雨利終活写真館』…

【3月10日更新】
たとえ意識のメカニズムを知っていても、今の人類とは異なる形であっても、内心の葛藤はなくなっていないのだ。

魔脈という、異世界ファンタジーの新たな鉱脈を発見した〈真理の織り手〉シリーズ

【3月9日更新】
魔導が禁忌とされてきた国を舞台に、因習や偏見と闘う青年を描くファンタジイ

【3月8日更新】
クマっぷハウスはどこにある?

【3月7日更新】
サイン本プレゼントあり!
ロビン・スローン先生からのメッセージ全文公開&スペシャルインタビュー!

ミステリ史上最もクールなヒロイン、キャシー・マロリーがアメリカの母なる道“ルート66”上で起きた奇怪な事件に挑む!

【3月6日更新】
黒猫の名探偵、リゾートを満喫。事件も解決?!

【3月3日更新】
キャラクタービジュアル大公開&エントリー中間報告!

【3月2日更新】
『名探偵登場6』のその他の短編にも目をやっておきましょう。シムノン、プラザー、ハギンズ、デミング。

【3月1日更新】
高島 雄哉『想像力のパルタージュ 新しいSFの言葉をさがして』

【2月28日更新】
『BISビブリオバトル部』第四部、第五回と六回(最終回)を一挙公開です!

【2月27日更新】
最近ドラマなどにとりあげられて、校正という職業も以前よりは世間に知られるようになったかもしれません。
でもその生態はまだまだ未知の領域かも――なにしろもっぱら縁の下に生息しているもので(笑)――
というわけで、コーセーシャの日々をお伝えします。

【2月24日更新】
全世界で最も愛されているビジョルドのスペースオペラ・シリーズ、ついにクライマックス

ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞などに輝く大人気のスペースオペラ、〈ヴォルコシガン・シリーズ〉がついに完結!

【2月23日更新】
正社員募集!年収8000万円、採用者は1人。ただし超能力者に限る

【2月22日更新】
【2月21日更新】
ジャンル作品の傑作の条件のひとつが、ジャンルそのものの本質を問い直すようなラディカルさにあるとすれば、
本作はまぎれもなく傑作SFと呼ぶにふさわしい作品だろう。

【2月20日更新】
映画の大ヒットのために、人が殺される?
お洒落なユーモア・ミステリ。

【2月17日更新】
一枚の紙片が示す“意外な犯人”
これぞ完璧なフーダニット!

【2月16日更新】
「誘拐されたオルタンス」は、ああ、とにかく素晴らしい。
円城塔さんの解説付きですよ!

【2月15日更新】
サイバーパンクとアラビアンナイトが融合したSFファンタジイ小説

【2月14日更新】
出版業界をまきこむ大騒動に本屋の名探偵たちが駆け回る!
人気シリーズのキャラクターが勢揃いする本格書店ミステリ!!

【2月13日更新】
大人気のビブリオバトル青春小説シリーズ第2巻が文庫化!

【2月10日更新】
フィンランドの語られざる闇を描く注目のミステリ。

【2月9日更新】
江戸川乱歩が惚れこんだ、本格ミステリ黄金時代の先駆けとなった傑作!

【2月8日更新】
眠りについたままの相棒くろがねを目覚めさせる方法は?

【2月7日更新】
これは、まさにぼくたちのための青春冒険小説だ!!!

すべてはある冬の日、〈石と星の夜〉に始まった……。

【2月6日更新】
「お前がいるから、真実を追える」 支え合い事件に挑む、最高の男女刑事コンビ登場!

【2月3日更新】
雑誌マンハントは1953年1月号創刊です。創刊号の目玉はミッキー・スピレーンの「狙われた男」の連載(4回)でした。

「ミステリ界の魔術師、未発表短編掲載+メルヘンデストロイヤー、三度目の降臨」号です

【2月2日更新】
東京創元社の公式マスコットキャラクター・くらりは、旅も好き。そんなくらりのぶらり旅の模様をアップします。

【2月1日更新】
東京創元社の公式マスコットキャラクター・くらりは、旅も好き。そんなくらりのぶらり旅の模様をアップします。

今回は私が担当した〈お蔦さんの神楽坂日記〉シリーズ公式Twitterの活動記録をお届けします。

【1月31日更新】
このコーナーでは、校正者の視点で校正まわりのこと、担当した作品などについて語りたいと思います


【1月30日更新】
【1月27日更新】
【1月26日更新】
【1月25日更新】
今年最大のSF話題作、1月28日発売!

【1月24日更新】
ドイツ本国で210万部を超える大ベストセラーなのです。

【1月23日更新】
かくして挑戦へ

【1月20日更新】
ゲラ版読者モニターさんによる熱い熱い感想コメントと編集作業の裏話を公開!

【1月19日更新】
【1月18日更新】
【1月17日更新】
【1月16日更新】
2017年新年となりましたが、昨年末の「このイラストレーターがすごい 2016」の続き、いってみましょう。

【1月13日更新】
2017年も、〈東京創元社 復刊フェア〉を開催することが決定しました。

ばいばい、春風さん

【1月12日更新】
校舎の屋上でお弁当食べてみたかった

【1月11日更新】
すべてはある冬の日、〈石と星の夜〉に始まった……。

【1月10日更新】
出逢いの街NYを舞台にしたアーバン・ファンタジー

囲碁の「星」の打ち方を見つけて

【1月6日更新】
言語や論理、そして現代自然科学の知見をも使って概念の定義や命題の論理的構造を〈分析〉していく哲学を〈分析哲学〉という。

ダフネ・デュ・モーリアの日記によれば、「人形」を執筆したのは一九二八年。彼女が二十一歳のときだったらしい。

【1月5日更新】
1947年に一冊のミステリが発表され、アメリカのミステリシーンは一変しました。

女子寄宿学校に死体はいらない!

【1月1日更新】
あけましておめでとうございます。2017年最初の更新は、恒例の新年特別企画二本立て!

【12月28日更新】
今回は「日光編 その2」をお届けします! 今年最後の更新です。

【12月27日更新】
営業部に続き校正課もコーナーを持たせてもらえることになりました。

栄冠に輝く新人賞受賞作が全編を飾る〈ミステリーズ!新人賞受賞作品集〉その2

【12月26日更新】
今回は業務日誌第一弾ということで、大崎梢先生のサイン会についてご報告いたします。

【12月22日更新】
縦横の糸が千変万化の形で物語に生彩を与える、ヴォークトの中でも一、二を争う楽しみにあふれた大ロマン


【12月21日更新】
不倶戴天の二大組織の相剋が、結局は両者あいまって人類の生命の永遠の大流に寄与してゆく

栄冠に輝く新人賞受賞作が全編を飾る〈ミステリーズ!新人賞受賞作品集〉その1

【12月20日更新】
とっておきの秘密つきゲストハウス、本日開業!
ほのぼの楽しいユーモアミステリ!

【12月19日更新】
〈週刊文春ミステリーベスト10〉1994年の第1位!
大人気警察小説シリーズ、記念すべき第1作!

【12月16日更新】
『さよなら、シリアルキラー』の前日譚、日本オリジナル短編集。

【12月15日更新】
本と人との物語『鞄図書館』3巻いよいよ発売!!

【12月14日更新】
2017年SF界最大の話題作『エコープラクシア』の序章がいち早く読める!

【12月13日更新】
定石分析=謎解き

【12月12日更新】
今後もスミスは、日本アニメの影響を受けながらおもしろいSFを書きつづけてくれることだろう。

【12月9日更新】
2016年もたくさんの作品がランクインしました。

【12月8日更新】
東京創元社の公式マスコットキャラクター・くらりは、旅も好き。そんなくらりのぶらり旅の模様をアップします。

【12月7日更新】
千弥と月夜の公の過去が明らかに! 〈妖怪の子預かります〉シリーズ第3弾

【12月6日更新】
「『春期』『夏期』『秋期』を経て…あの名コンビが、七年ぶりに帰ってくる!」記念号です。

【12月5日更新】
ビストロ・パ・マルは今日もあなたをお待ちしています。イベント情報も!

【12月2日更新】
2016年10月28日、飯田橋のホテルメトロポリタン エドモント〈悠久の間〉にて、〈第二十六回鮎川哲也賞〉ならびに〈第13回ミステリーズ!新人賞〉の贈呈式が開かれました。

【12月1日更新】
ヒュー・ペンティコーストのジョージ伯父さんのシリーズは、短編集に収められた9編のうち、6編が翻訳されています。

----------------------【Back Number】---------------------

● Special ●

● 海外ミステリ出張室 ●

● Science Fiction ●









● ここだけのあとがき ●

● 国内ミステリ出張室 ●




ヒュー・ペンティコーストの短編は、EQMMコンテストに入賞したものを、以前にいくつか読みました

時々このエッセイに登場するぼくの妻には、幼少の頃から世話になっている叔母がいる。

ルールに則った知的バトルは
本格ミステリ精神の結晶でもある

インテリ眼鏡に黒スーツのK子女史が、
自信満々にアイパッドを差しだしてくる手元を見て、絶句する。








『ハリー・クバート事件』が文庫化されました

未完ですが完全版!

〈家計費節約計画〉撤回のための奥の手とは!?

コンスル帝国衰退の時代を生きた、ひとりの魔道師の物語

画像検索要注意。恐怖症を調べるとえらいことに!

“本”でつながる想いをのせて